■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2018年09月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

Single channel pump & probe software with Low cost AD board
・Full automation of experiments
・Control motorized stage (time scan)
・Multiple time-step variations across a single time scan
・Control two (for pump light and probe light) motorized shutter
・Control two monochrometers (wavelength scan)
・Simultaneous read two photo-multipliers signal, trigger (laser) and chopper phase.
・Compensate for probe chirp

 CCD等のマルチチャンネル検出器ではなく、フォトマル等で行う、kHz フェムト秒過渡吸収用ソフトウェアを作成しました。
 セットアップとしては、図のように、2台の分光器+PMTを用います。サンプルを通らない参照光は、SN比向上のため測定します。励起光は、チョッパーでOn/Offされ、IoとIを交互に検出します。PMTの信号は、ボックスカー等でサンプルホールドしてます。それら2つの信号と同時にトリガー信号、チョッパーフェーズの4つを安価なAD変換ボードで取り込み演算を行います。



また、励起光及び白色光のシャッター、電動ディレイステージもソフトウェアから制御します。
ある波長での過渡吸収の時間変化及び、ある時間での過渡吸収スペクトルを自動で測定する事が出来ます。チャープ補正機能もあり、過渡吸収スペクトル測定では、測定時にチャープ補正(ステージ位置の補正)を行います。

A screen shot of the software GUI for time-resolved experiments is shown.


Block Diagram of Signals



| http://www.suzpec.com/cp-bin/blogn/index.php?e=1 |
| Software | 01:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑